機器の選び方

男の人

選択基準を確認しましょう

いざという時に力になってくれるのがAEDです。現在、日本では6つの会社から、18機種のAEDが販売されています。これら機器は、それぞれ心臓の状態を診断し、その後に電気ショックを与えるのが基本的な機能です。メーカーによって機能なとは異なりますが、前述の基本的な機能はどのAEDも同じです。そのためどの機器でもいいように思えますが、どんな機器AEDを選ぶかが大切になってきます。そこで機器を購入する場合、その選択基準を確認しておく必要があります。様々な選択基準がありますが、選択に迷った時は以下の点を参考にしてみるといいでしょう。まずは操作の面です。いくら機能や性能が良くても、使い勝手が悪いと意味がありません。そのため機器を選ぶ際は、最初に操作の面をしっかり確認しておきましょう。操作ですが、シンプルに操作できるAEDがオススメです。もともと、人が突然に倒れた場面で使用する機器ですので、利用する側も緊張したりパニック状態になったりすることが多いです。そのような状況下では、やはり、操作がシンプルで簡単な方がいいに決まっています。これから購入する方は、操作面についての確認も忘れないでください。また、価格についての考慮も必要です。AEDはいざという時にとても便利な機器ですが、だからといって、必ず使用するものでもありません。場合によっては、購入した後、1度も使わないというケースもあるでしょう。AEDの価格は20〜50万円台と、高額のものも多いので、価格の面についても重視する必要があります。

Copyright© 2018 AEDで正しく使い命を守る!【脳へ酸素を継続して送り続ける】 All Rights Reserved.