お客様のために

AED

店内に設置を

スーパーや飲食店など、お客様が店に訪れることで、成り立つ商売はたくさんあります。そして、お客様が多く訪れるのならば、その中には具合が悪い方や病気を持っている方もそれなりにいることになるでしょう。もしも、そのような方が店で倒れてしまった場合、スタッフでは何もできないため、基本的に救急車を呼んで対応することになります。しかし、心臓が原因で倒れたケースなら、特別な機器を使うことで、その場で助けられる可能性があります。その機器はAEDといって、現在では公園やコンサートホールなどにも備え付けられているので、見たことがある方も多いでしょう。心臓のトラブルは、できる限り早く正常な動きに戻すことが大切なため、お客様の安全を考えるのなら導入を推奨します。もしも、お客様のためにAEDを設置したいのなら、販売会社やレンタル会社に電話をして、利用方法を聞いてみましょう。自身で調べることもできますが、会社の方に聞いたほうがAEDをしっかりと理解できるからです。『なぜ、設置が必要なのか』といった基本的な質問にも答えてくれるため、迷っている方は連絡を取りましょう。なお、AEDは持ち運びできる機器なので、駐車場や店沿いの道路で倒れてしまった方にも利用が可能です。そのため、速やかに外に持ち出せるように、出入り口付近にAEDに設置しておくことをおすすめします。また、AEDを設置するのなら、誰にでも分かりやすいように、近くに看板などを掲示しておくとよいでしょう。

Copyright© 2018 AEDで正しく使い命を守る!【脳へ酸素を継続して送り続ける】 All Rights Reserved.