社員を守るために

ハート

購入だけではなくリースも

心臓に何らかのトラブルがあったときは、電気ショックを与えてあげれば、おかしくなっていた機能が正常に戻る可能性があります。それを誰でもおこなえるようにしてくれるのが、AEDと呼ばれている自動体外式除細動器です。本来ならば医療の専門家がきちんと診断した上で、電気ショックをおこなうのが正しい手順です。しかし、AEDがあれば機器が診断をおこなった上で、電気ショックをおこないますので、取り付ける知識さえあれば素人でも扱えます。現在では、AEDを設置する会社が増えてきているので、もしものときに社員の命を守りたいなら用意しておきしましょう。ちなみに、取り付け方法は機器に付属するマニュアルでも覚えられますし、講習会に参加することでも習得可能です。会社にAEDを設置したいと考えた場合は、購入以外にもリースという方法を選ぶことができます。もしも、購入費用が負担だと感じるのなら、月単位や年単位などでリースができるサービス会社を利用しましょう。費用をずっと安く済ませられるため、安価なコストで社員の命を守ることができます。なお、リースを利用するのならば、サポートが評判のよいところを選ぶ必要があるでしょう。AEDは命を支える機器なので、何かしらの不安があるまま、設置するのはおすすめしません。そのため、不安があったのならば、きちんと解決してくれるサービス会社を利用して、AEDを正しく活用できる環境を築いておきましょう。

Copyright© 2018 AEDで正しく使い命を守る!【脳へ酸素を継続して送り続ける】 All Rights Reserved.