電気ショックを与える機器

心電図

使い方を学ばせよう

心臓の発作は前触れもなくおこるため、仕事中に社員がいきなり倒れるという可能性もあります。そのときは社員に対して医学的に正しい処置をおこなえば、命を救うこともできるでしょう。しかし、その正しい処置の中に、心臓への電気ショックが含まれているのが問題となります。人工呼吸や心臓マッサージならば、知識さえあればおこなうことができますが、電気を使ったショックは素人ではできません。ですが、心臓発作で倒れた同僚は一刻を争う事態なので、救急車を待っているだけでは状況が悪化するだけでしょう。もしも、電気ショックで助かる命をきちんと助けたいのなら、AEDを会社に導入しましょう。AEDがあれば、パッドを指定の場所に取り付けるだけでよいので、医療に関する知識がなくても電気ショックがおこなえます。なお、AEDの使い方は難しくないように設計されていますが、もしものことを考えるのなら、前もって使用方法を学んでおくべきです。しかし、社員はそれぞれの意識の違いがありますので、自主的に使い方を学んでもらうのは難しいでしょう。自分自身が健康だと考えているのなら、心臓発作への危機感がまったくないのは当然です。そのときは、多くの社員にしっかりと使い方を学ばせるために、AEDのメーカーが主催している講習会への参加をおすすめします。そちらで基礎知識や活用方法を学べば、もしものときにきちんと正しいやり方で、心臓にAEDを使ってくれるでしょう。

Copyright© 2018 AEDで正しく使い命を守る!【脳へ酸素を継続して送り続ける】 All Rights Reserved.